マンションの売却に最適な時期とは?

所有しているマンションの売却を考える時、どのタイミングで売るのが1番良いのか迷いますよね。せっかく売るなら、少しでも高く売りたいと考えるのは自然なことです。そして高く売るには、タイミングがとても大事です。

ここでは、マンション売却に最も適しているタイミングはいつなのかについて、様々な視点から考えてみましょう。

引っ越しシーズンに合わせたタイミングが狙い目

マンションを売却するには、1年の中でも売却しやすい時期というものを考える必要があります。例えば3月の引っ越しシーズンには、一般的にマンションや一戸建てなどを購入する人が増えると言われています。4月から始まる新年度に合わせて、新居での生活をスタートさせようと考えるからです。

子供のいる家庭にとっては特に、4月は学校の新学期が始まる時期でもあるため、引っ越しやすいタイミングであるといえます。この引っ越しシーズンに合わせたマンション売却が、高く売るための狙い目です。マンションを購入する人は、実際に購入する数か月前から動き出していることが多いので、売るほうもそれに間に合うように動き出す必要があります。

マンションの売却活動期間は、平均で3カ月ほどかかると言われています。そのため12月か1月頃から売り出しをスタートさせ、2月から3月にかけて売却活動を行えるようにするのがベストなタイミングでしょう。

3月の次に引っ越しが多くなる時期は9月ですので、このタイミングに合わせるのも、高く売るためのポイントです。6月か7月頃から売り出しをスタートさせて、8月から9月にかけて売却を行うと売りやすくなります。

マンションを中古で売却するのに最も適した時期はいつか

築年数によっても売りやすさが変わる

築年数は、浅いほど売却には有利であるといえるでしょう。特に築3年未満の物件は、新築とそれほど変わらない価格で売却できる可能性もあります。新築で購入してから3年未満で売却するケースとしては、購入した直後に転勤が決まった場合などが挙げられますが、まれなケースでもありますので希少性が高く、価格を下げずに売却できることが多くなります。

築5年未満の物件も、中古マンションの購入を検討している人には、まだまだ新築と大きく変わらない条件の良い物件として認識してもらえる可能性が高いです。設備などもまだ老朽化の影響を受けていない時期ですので、高く売りやすくなります。

築10年未満の物件は、新築より価格が安くなる一方で、中古としては比較的新しい部類に入りますので、コスト面で買い手の人気が高くなります。老朽化の影響もまだ限定的ですので、修繕費用などの出費を抑えられるメリットもあるでしょう。

築年数が10年を過ぎると、様々な修繕費用が発生してくるようになります。このため、売却価格も急激に下がっていきます。築20年を超えると、リフォームやリノベーションを前提とした購入を検討する人も増えてきます。

その分、価格は低く抑えられることになるでしょう。将来的な売却を考えている場合には、少しでも早い段階で売るほうが良いといえます。

修繕直後もベストタイミング

大規模な修繕を行った直後も、売却には有利なタイミングです。特に築15年以上のマンションでは、設備の老朽化により修繕の必要が生じている場合が多くなります。買い手にとっては、購入後に修繕費用を負担する必要があるかどうかはとても重要なポイントといえるでしょう。

例えば外壁の塗装やエレベーターの交換、室内の設備一式を新しくするなどの修繕を行った直後である場合には、買い手にとっては購入してすぐ住み始めることのできる買いやすい物件になります。中でも外壁塗装を行うと、見た目がかなり改善されますので、売却のタイミングとしてはベストであるといえます。

同様に室内の壁紙を新しくすることも、見た目が良くなりますので、その直後は売り時です。築年数が古くなっても、修繕をしっかり行い、その記録をきちんと残しておくことによって、価格を大きく下げずに売却することが可能になるのです。

税制面では5年以降がベスト

不動産を売却することによって発生する譲渡所得には、所有期間によって異なる税率の所得税が適用になります。所有期間が5年以下の場合は短期譲渡所得になり、税率は30パーセントです。これに対して所有期間が5年以上になると、長期譲渡所得の扱いになり、税率は15パーセントに下がります。

住民税率も、短期譲渡所得の場合は9パーセントであるのに対し、長期譲渡所得は5パーセントとなっています。これらの点から税制面では、所有期間が5年を超えたタイミングで売却するのが最もベストであるといえるでしょう。

所有期間が5年を超えているかどうかの判断は、売却した年の1月1日時点で5年が経過しているかどうかで判断されますので、5年経過後すぐに売却を検討する場合には注意が必要です。

少しでも損をしないためには、高く売ることと同時に、支払う税金を減らすための対策も重要になります。

経済情勢に敏感になる

マンションの価格は、経済情勢によって大きく変動します。

そのため、経済情勢をしっかり見極めた上で、自分にとってのベストな売り時を判断することも大切です。《参考情報 > マンション売り時 > マンション売却の心得

景気の良い時というのは、買い手が融資を受けやすい時期であるといえます。これは同時に、売り手が売却しやすい時期であるともいえるのです。逆に住宅ローンの金利が上昇すると、買い手が購入しにくくなりますので、取引件数も減っていきます。

取引件数が減ることによって価格も下落していくため、マンションの売却は難しくなります。建設費相場も、マンション価格に影響してきます。建設の需要が上がることによって、新築マンションの価格が上昇すると、連動するかたちで中古マンションの価格も上昇するのです。

そのため売却を検討している場合は、建設費相場の変動も気にしておく必要があるといえるでしょう。中古マンション価格の相場を知っておくことも大切です。マンション価格は地域によって差がありますので、所有している物件のある地域のスポット的な相場を確認することが重要なポイントとなります。

正しい相場を知る最も良い方法は、やはり不動産業者に査定を依頼するということでしょう。さらに消費税増税などの税制改正が行われた直後も、相場が変動する可能性があります。日頃から経済の動きを敏感に読み取る習慣を身に付けておくことが、高く売れるタイミングを見つける最大のポイントといえるかもしれません。